2008年11月16日日曜日

診断士受験予備校のバーゲンセール

そういえば、2次筆記試験が終わってから、

何もやることが無くなり、空いた時間は手持ちぶさたに

なっていた頃、熱血感動型さんの過去エントリにもあった

「ドラゴン桜」を漫画喫茶にて読破したんだった。

「ドラゴン桜」とは、紹介するまでもないかもしれないが、

桜木弁護士が破産状態の高校を舞台に、2人の問題児を

相手に、様々な勉強方法・テクニックを駆使して東大合格を

目指していくというお話。

-------------------------

その中で東大目標の各予備校の冬期講習はお得だから

受けたほうがいいという話があった。

何故か?

それは、冬期講習はバーゲンセールだから、というのである。

予備校が一番力を入れるのである。

例えば、ズバリ出題予想など、それぞれ予備校が秘密兵器

みたいな奥の手を披露してまで

受験生を獲得しようと躍起になっているらしいのだ。

バーゲンセールと聞いて、売れ残り品を売りさばくという

イメージをするのは間違いである。バーゲンの時ほど、

良いモノを惜しみなく提供しなければ、顧客だってバカ

じゃないから、売れ残り品を買わされても、次につながらないのである。

-------------------------

診断士受験生は独学も勿論いると思うが、

多くは予備校に通ったり、通信教育を受けたり

する人が多いと思う。

では、診断士受験生が予備校を選ぶ為に、

良い方法はあるのか?と考えた。

-------------------------

先述した予備校でのバーゲンセールの事だが、

診断士受験の場合はそれは何にあたるだろう?

模試?直前演習?・・・それもYESかもしれない、

でも受験生を獲得する為に一番力を入れるのは

何だろうか?色々な方の話を聞いたりして思ったのは、

2次筆記試験の解答解説会・模範解答の作成では

ないだろうかということ。

-------------------------

知ってのとおり、2次筆記試験は正解が発表されない、

正解がない試験といってよいのかもしれない。

その為、2次筆記試験の各予備校が発表する模範解答

であっても、予備校ごとに解答がバラバラになる問題も

結構ある。大事なのはその解答に至ったプロセス、根拠

の解説である。それを惜しみなく放出する解答解説会、

模範解答集は診断士試験予備校のバーゲンセールなの

かもしれない。しかもそれらは、ほとんどの予備校が無料で

やってるしね。2次筆記試験がメインである診断士受験生

を確保する為に、各予備校は今まで得た経験・ノウハウを

駆使して、バーゲンセールに取り組んでいるだろう。

-------------------------

もう、解答解説会は終わってしまったところが多いと思うが

模範解答集はそろそろ出来上がるだろうし、それらを見て

予備校を選ぶのもイイかもしれない。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ぽちっとしてくれるとうれしいなっと。

2 件のコメント:

toship さんのコメント...

ドラゴン桜は、去年toshipも読みましたよ。
楽しかったので、全巻購入してしまいました。

この時期予備校は、来年の見込み客を集客するために、イベントを開催して必死にPRしています。
大手は、関係性強化により顧客の流出を防ぐ一方で、中小の予備校は、新規顧客の開拓に力を入れています。
何処の学校も、この時期に最も力を入れるんでしょうね。
年初の合格祝賀会に参加したいと願うtoshipでした。

Dぴょん さんのコメント...

>toshipさん

ドラゴン桜、面白いですよね~。
私も購入しようかなw

セルリアンタワー、一緒にいきたいっすね!